失業保険中の生活とプログラミングとFXの事を書いています

まねろぐ

失業保険

【失業保険】最大で約700万円を国からもらえるかもしれない給付金とは?【最長2年6ヶ月】

更新日:

あなたが今この記事を読んでいるということは、退職や転職を考えていらっしゃるのではないでしょうか?

すでに退職済みの方には残念ながらあまり役に立たないかもしれませんが、まだ退職していなく今後、退職や転職を考えている人にはとても参考になる内容をこの記事ではまとめています。

失業保険に関しては知っているか知らないかだけでもらえるお金や期間が非常に大きな差がでます。

私はこの給付金を利用して結果的に2年間生活の不安から開放され、今まで取ることのできなかった趣味の時間やキャリアアップのための勉強期間をたっぷり確保することができました。

  • 仕事をやめたあとの生活が不安で退職できない。
  • じっくり転職活動をして今より条件のいい会社で働きたい。
  • 資格取得やまとまった時間を確保して勉強したい事がある。
  • リフレッシュのために旅行に行きたい。
  • 将来的に起業を考えていて準備する時間が欲しい。

などなど様々な想いが人それぞれあるでしょうが、給付金を活用することでどれも可能になります。

ちなみにお金が貰えると聞いて怪しく感じる人もいるかもしれませんが、れっきとした国の給付金制度であり条件に当てはまれば誰でも申請することが可能です。

ただ給付金を請求できる権利があるにも関わらず、そもそも失業保険のことをよく知らないというだけで多くの方が本来受け取れる金額を貰えていなかったりします。

実際に私も自分が当事者になるまで知らなかったですが私は給付金を貰っている期間を有効活用できたことで非常に生活の質を上げる事ができました。

今現在、昔の私のようにい仕事で悩んでいたり将来の不安に押しつぶされそうな方に読んでいただけたら幸いです。

実体験も含めてご紹介していきます。

失業保険はあるポイントを抑えることによって最大28ヶ月受け取ることができます。

失業保険に関してのおさらいになるのですが、失業中に新しい仕事を安心して探せるよう、お金を支給してもらえる制度です。

これは申請しないともらえないお金であり、会社をやめた人が自動的にみんなお金をもらえるわけではありません。

そして『ハローワークなどに行けば3ヶ月貰えますよ』という案内を受けたり聞いたりするので3ヶ月しか貰えないと思っている人が非常に多いですが、、、

実は最大で28ヶ月もらい続ける事が可能なんです。

この給付金の内訳は社会保険で18ヶ月、雇用保険で10ヶ月で2つの保険からもらうことができます。

つまり条件としては社会保険と雇用保険に1年以上加入していれば給付金の対象になります。

3ヶ月しか失業保険がもらえないと思っていてそれが原因でなかなか退職や転職に踏み切れない、不安だと思っていませんか?

実はあるポイントを抑えて手続きをすることによって3ヶ月ではなく最大で28ヶ月まで受け取る事が可能になるんです。

『それってまさか違法な方法じゃないの?』

これは最初、過去に給付金制度を活用したことがある友人から聞いた時に私が一番最初に思ったことなんですが、結論からいうとなにも問題ありません。

現在勤めている会社にバレたり、迷惑がかかったりの心配も無用です。社会保険制度の中にちゃんと含まれているものなのです。

社会保険制度(しゃかいほけんせいど、英語: Social insurance schemes)とは、社会保障の分野のひとつで、疾病、高齢化、失業、労働災害、介護などの事故(リスク)に備えて、事前に雇用者もしくは雇用主、あるいは両者が社会的供出をすることによって、保険によるカバーを受ける仕組みである。

社会保険 - Wikipedia

毎月の社会保険料は会社で働いてる限り自動的に引かれますし、失業保険は引かれているからこそ受け取れる権利なのでキチンと申請して利用することはなにも違法なことではありません。

ですが、後から知ったのですがこの給付金制度に関してはハローワークの人でも詳しく知らない人が多くいるみたいです。

なので多くの人が知らずに本来もらえるはずのお金をもらいそびれている現状があります。

給付金の金額はいくら?

この金額に関しては現在働いている会社からもらっている給料で変わってきます。そして受給期間で変わるので個人差がでてきます。

社会保険からの支給は月の総支給額の65%、雇用保険は60%となっており退職後約1ヶ月半後から私の場合は二年で総額550万円ほど受け取りました。

 

興味はある・・・でも手続きが不安だし分からないことだらけ。

その気持、分かります。私もそうでした。

ここまで読んで給付金制度を利用してみようかと思った方が気になることが「実際に行う手続きはどうするの?」ということではないでしょうか?

そもそも私も申請するのに何から初めていいかも分からなかったですし退職後の事や将来の不安などもあり、どう進めていけばいいか分からなかったのです。

正直に言って自分だけで申請をするとつまずくポイントがたくさんあります。私も友人からのサポートがなければ無理だったと思います。

とくに退職前の私は仕事に忙殺され制度について調べる時間も無ければ心の余裕もない状態でした。

このブログを立ち上げたキッカケ

私は給付金を受け取っている期間で様々な事にチャレンジできましたし、人生を仕切り直す事ができました。

そのキッカケになった給付金制度について分かりやすくまとめていきたいと思っています。

そして過去の私と同じように悩み、葛藤している人に伝えたい気持ちがあります。

しかし個人個人の状況によって異なる部分もある為、記事として誰でもできる完璧な形でまとめるにはまだ時間がかかりそうです。

将来的にはこの複雑で知らないと損をする失業保険にまつわる給付金制度を分かりやすく解説した本を書きたいと考えています。

現状まとめれる部分は共通の絶対条件として下にまとめていますが、具体的なステップや申請内容などは今は個別でご相談していただけると助かります。

相談していただいた内容なども今後は参考にしながらケース・バイ・ケースの事例などを含めて記事のブラッシュアップをしていきたいと考えてます。

ですので現在、退職や転職を考えていて失業保険の利用を考えてる方はご質問やご相談などを私にしていただき、ご協力していただけないでしょうか? (※もちろんプライバシーや個人情報の扱いには細心の注意を払います。)

そういった目的もあるので私への相談は一切お金などをいただくつもりはないのでお気軽にご相談ください。

友だち追加

失業保険を最大28ヶ月もらうための条件チェックリスト

  • 現在働いているが仕事を辞めたいと思ってる。
  • 社会保険、雇用保険に加入している会社で1年以上働いている。
  • 退職まで2ヶ月〜3ヶ月の猶予がある。

上記の3つの条件に当てはまっていれば基本的な条件はクリアしています。あとはご自身の状況にあわせてプランを組み立てれば、ほぼ100%給付金を受け取ることが可能です。

状況にもよりますが退職後に最短で一ヶ月程度でもらうことができます。

おわりに

初めて退職する時や転職する時って分からないことだらけで不安ですよね。辞めたあとの生活の事を考えると辞めれないという人は多いと思います。

私もそうでしたし、それが原因で明らかに体と心が限界手前までズルズルと過ごしてしまいました。

転職するにも転職活動をする余裕もないくらい追い込まれていましたし、なにより焦って転職をして次の会社もブラックだったらどうしよう。当時の私はとにかく一旦ゆっくり考える時間と余裕を求めていました。そうしなければとりかえしのつかないレベルまで確実に壊れていたと思います。

解決策は給付金を使ってゆっくり休む。次の人生の為に考える時間をつくるしかなかったんです。

人によっては働いていないのにお金をもらう事に罪悪感や嫌悪感を持つ人もいるかもしれません。

ですがそんな真面目で不器用な人ほど知って欲しいと私は思っています。失業保険に使われる給付金はあなたが真面目に働いて払ってきた保険料から出ます。

しかし、知らなかっただけで本来もらえるお金が受け取れなかったり、大幅に減って損をしている人が非常に多いのも事実です。

私はこの制度に非常に助けられた一人です。そして相談にのってくれた友人がいなければ今の私はいません。

私の相談にのってくれた友人のように私もあなたの相談にのり、このブログを育てていこうと思います。

ご相談やご質問などはLINEからお気軽にご連絡ください。

友だち追加

-失業保険

Copyright© まねろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.